琥珀糖作り

SHOEI REAL ESTATE

琥珀糖作り

皆様こんにちは、翔栄の青木です。

皆様は「琥珀糖」という食べ物をご存じでしょうか?

ちなみに私は知りませんでした。

琥珀糖とは、寒天を溶かして砂糖を混ぜて固めた和菓子だそうです。
「食べる宝石」とも呼ばれているとのこと。

以前SNSで話題となっていて、ちらっと見かけ興味を持ったのですが
料理は私の得意分野ではないので、見て満足するくらいでした…。

しかし、なかなか外出も出来ないため、仕事仕事の毎日を塗り替えようと
珍しく…本当にとても珍しく挑んでみました!

下準備としてひたすら動画サイトやレシピサイトで、作り方・手順を調べるところから始めます。

どうやら糸寒天・粉寒天で完成した時の透明度が違うらしく

作るからにはちゃんとしたものを作らなければという、謎の使命感を抱きながら糸寒天を探しにかんてんぱぱへ…。

そして無事糸寒天を見つけたので、水にさらしておきます。

水に浸した後、鍋にお水と糸寒天を入れ、混ぜながら完全に溶けるまで待ちます。

寒天が解けたら、グラニュー糖を入れ、糸が引くまで煮ます。

糸が引いたら、火を止めてトレーに移します。

どうやら気泡をとるには茶こしが良いとのことだったので

茶こしを使いながらトレーに…

その後、食紅で色を付けて綺麗にグラデーション作業…なのですが

ここで私はあることに気付くのです。

なんだか、トレーが大きすぎて宝石っぽさが無い…!
本来はもっと厚みがあるはずだけど、どうやらトレーのサイズを間違えたらしく
ペラペラになってしまいました。

しかしもうどうにも出来ないので、ひとまずそのまま冷蔵庫で約1時間…

…やっぱり厚みがない。

ちぎってみると、色味は綺麗だけど、これは失敗作!

ということで、再度作り直しました。

今回は、トレーではなくミニサイズのお弁当箱を活用し
改めてグラデーション作業を行いました。

いかがでしょうか。

1回目の失敗を活かし、2回目はなかなかの出来です。
ここから1週間くらいかけて乾燥させるのでまだこれは未完成ですが
良い気分転換になりました!

普段やらないことをすると、頭も使うし体力も使うので疲れたけど
完成するのがとても楽しみです。

完成したらまた載せたいと思いますので
お楽しみに。

ページ上部へ戻る