キンパ

SHOEI REAL ESTATE

キンパ

こんにちは、翔栄の増田です☺

いつも翔栄ブログを見てくださり、ありがとうございます(^^)/

秋のようなお天気が続いたかと思えば、また夏の暑さが戻ってきましたね☀

皆様いかがお過ごしでしょうか(*ノωノ)

私は、夏休み明けの仕事のバタバタもようやく落ち着いてきました(*‘ω‘ *)

ところで、皆様は韓国料理はお好きですか?(´▽`)

私は凄く好きで、韓国料理屋の厨房で働いていたこともあります!!

そこで教わったメニューの中でも、私の一番のお気に入りの『キンパ』を今日は皆様にご紹介したいと思います(‘◇’)ゞ

そもそも『キンパ』をご存じでない方もいるのでは?!(; ・`д・´)

韓国での正式な名前は『キンパプ』です!!

韓国語の”キン”は”のり”、”パプ”は”ごはん”という意味です( ..)φ

日本でいう”海苔巻き”や”太巻き”の韓国版といったところでしょうか!

日本の海苔巻きとの大きな違いは

海苔に韓国海苔を使用することと、ご飯に味付けがしてあることです!!

日本の海苔巻きは、お醤油を付けて食べる方が多いと思いますが

キンパは味が付いているので、何も付けないで食べます!

具が沢山入っていて、とても食べ応えがあります(^_-)-☆

今回は『増田流♡キンパ』のレシピを皆様にご紹介したいと思います(*‘∀‘)

作り方はとっても簡単なので、ぜひ皆様作ってみてください♪

【用意するもの(道具)】
◎巻きす
◎大き目のボウル
◎しゃもじ

【用意するもの(材料)】
◎大きな韓国海苔(無ければ焼き海苔でも大丈夫♪)
◎ご飯(固めに炊いたご飯が理想的)
◎ニンニクチューブ
◎ごま油
◎ハイミー(味の素)
◎塩
◎ごま
◎ほうれん草
◎卵
◎たくあん
◎魚肉ソーセージ
◎カニカマ

【作り方】

➀固めに炊いたご飯を大き目のボウルに入れ、ハイミー・塩・ごま油・ごまを入れ、しゃもじで切るように混ぜる。
 (※全体の味が均一になるよう良く混ぜる!)

➁ほうれん草を茹でて水を良く切り、ニンニクチューブ・ハイミー・塩・ごま油で味付けをする。(ナムルを作る要領で)

➂卵を溶いて、ニンニクチューブ・ハイミー・塩で味付けし、卵焼きを作る要領でごま油で焼く。
 冷めたら巻きやすいように細めに切る。

➃たくあん・魚肉ソーセージを巻きやすいように細めに切る。

➄巻きすに海苔を敷き、ご飯を薄く敷いて、手前の方に用意した具材を全種類乗せる。
 (※この際、切ったときの彩りを考えながら具材を並べる!)

➅太巻きを巻く要領で巻く。

➆食べやすい大きさに切る。(8等分くらい)

出来上がり♪

お皿に並べるときは、ピラミッドのように積んでいくと綺麗です(^^)/

炒めたお肉や人参を入れても美味しいですよ🎵

こんなに沢山具材を乗せてしまって大丈夫?!巻けるの?!

と不安になる方もいるかと思いますが

意外と大丈夫です(^-^)

上手に巻くコツは、両手の親指で巻きすを支え、その他の指で具材を上からしっかりと抑え付けて、一気に返すこと!!躊躇をせず返す、その勇気が大事です(=゚ω゚)ノ

太郎さんも見守っていてくれました💛

癖になる味で、ついつい手が伸びてしまうので、いつもお腹がパンパンになってしまいます( *´艸`)

皆様も、ぜひぜひ作ってみてください!

季節の変わり目なので、体調管理には十分気を付けつつ、

残り僅かの夏を楽しもうと思います(‘◇’)ゞ

ヨーグルトペロペロむーちゃんでお別れしましょう($・・)/

ページ上部へ戻る