不動産選びの豆知識 ~間取り編~

SHOEI REAL ESTATE

不動産選びの豆知識 ~間取り編~

こんにちは!㈱翔栄 売買営業部です!

注文建築もお手軽に検討できるようになった昨今。
生活スタイルは人それぞれ。間取りも様々です。
しかし居心地の良し悪しを左右する間取り。
「こんなはずじゃなかった!」なんてことに ならないように、部屋のレイアウト、収納、日当たり 、風通し、居室などさまざまな角度から見てみましょう!

■リビング
今、流行りのリビングから直接2階~3階へ上がる階段があるタイプ。このリビング階段のデメリットは暖房が効かない。
暖かい空気は上から溜まるのですが、リビング階段がある為、その暖かい空気は全部、上へ抜けていきます。
かなり大型の暖房機器ならよいのですが、家庭用なら、ほとんど効果がない。 
なので、後でスライドドアを取り付ける方が多数いらっしゃいます。

■キッチン
今、はやりのIHクッキングヒーターですが、この調理器具、普通の電気料金プランで使うと、ビックリする電気代になりますよ。
オール電化の料金プランで使うのが良い。しかし、昼間自宅にいる時間が長い方(専業主婦)がいるならオール電化の料金プランは損します。
オール電化のメリットは夜間の電気代が安く、逆に昼間の電気代は割高なのです。
家計を預かるお母さん!昼間も家事をするのであればガス調理器具のがお勧めですよ!

■浴室
浴室での落とし穴は、お湯の追い焚き機能の有無です。賃貸ではお湯を一度湯船に入れた後は再度、温めることができないタイプが多い。
冷めてしまうと、ある程度、冷めたお湯を抜いて熱いお湯を足す非常に無駄なことをしないといけない。
最近の新築戸建だと追い炊き機能はほとんどついていますので心配ありませんがね!

■トイレ
トイレの扉を開けると玄関からまる見え、あるいは、リビングからまる見えなど、トイレのドアを付ける位置を間違っている方が多いです。
また、トイレの扉は外側に出るタイプがお勧め、トイレ側に入る扉は閉める時、違和感がありますよ!

■ロフト
ロフトは子供や旦那さんに人気です。隠れ家みたいで楽しそうですよね。ロフトは夏場、嫌になりますよ。その理由は暑いこと!
エアコンを付けても冷気は下に溜まりますから、上にあるロフトは冷えず、また屋根から伝わる熱気でダブルパンチ。
収納に使うにも洋服・機械などの熱に弱いものは置かないほうがいいです!
じゃあ、何に使うか!
一人になりたい時の隠れ家ですよ!

■収納
各居室に収納があるのは当然なのですが、よく見落とすのがリビング収納。
例えば掃除機はどこに片付けます?季節が変わった時、扇風機やストーブはどこに収納します?意外と収納スペースがない住宅が多いです。
意外と便利なのが玄関と隣接する収納スペース。小さいお子さんがいるなら、ベビーカーを置いたり、室内に持ち込みたくないもの汚れものなどを収納するのに重宝しますよ。

■日当り
世間では南向きの物件が人気ですが、間違っている方がいます。
マンションは基本的に北向きが多いです。ワケは玄関よりリビングに隣接したベランダを南側にしたいからです。
家の中で1番長くいる場所はどこですか?おそらくリビングです。南向きの家でリビングが北側にある間取りが多いです。
戸建ての場合は隣家の建物などによって日当たりも変わってきます。
インターネットで物件情報は豊富に手に入りますが、現地を確認することも大事です!

次回に続く!?

ページ上部へ戻る